ディズニー ワールド イングリッシュの評判を知りたいならこちら

ディズニー ワールド イングリッシュの評判を知りたいならこちら
MENU

ディズニー ワールド イングリッシュの評判を知りたいならこちら

ディズニー ワールド イングリッシュ(DWE)を始めたのは、息子が4歳で年中さんになった時でした。

 

きっかけは、まわりのお子さんがみんな英語を勉強していたからです。

 

あまり小さいうちから勉強させるのはどうなのかなと、私自身は思っていたのですが、まわりのママさんたちの習い事にかける熱心さを感じたり、仕事で海外に行くこともある主人の意見も聞いてはじめてみることにしました。

 

子供も「僕も、パパみたいに英語のお友達と話したい。」となんだかやる気のようで、ちょっとうれしかったです。

 

その気持ちを止めてはいけないと思い、評判の良い英会話教室や英語教材の資料を集め出し、その中でディズニー ワールド イングリッシュと出会いました。

 

せっかくなら、どれにするかは息子に選ばそうと思い、色々な幼児教室の体験レッスンや、お試し教材を使い、どれにしたいか聞くと、答えは「ミッキーさん!」でした。

 

私にとってもディズニーは好きなので嬉しい選択でした。

 

教材の魅力は、毎週どこかに習いに行くというよりも、いつでも触れたいときに触れられるところです。

 

教材は飽きてしまいそうかなぁと思ったのですが、そこはさすがのディズニー、まったく飽きずに、繰り返しみています。

 

そして、教材以外でも、色んなところにディズニーキャラクターがいます。

 

それがより身近に感じられるようで、「Hello」と話しかける息子がとっても可愛いです。

 

教材は無料で交換もしてもらえるので、「丁寧に扱って〜!」と子どものやる気を途中で止めてしまうこともなく、のびのび自由にすることができるのも、本当にありがたいです。

 

ディズニー英語DWEを始める前に、少し気になっていたのが、キャラクターが話すなら、英語を発音している時の口元が見えないこと、そして人間が話していないということでした。

 

ここも、するっとクリアすることができました。

 

登場するのはキャラクターだけではなく、人間も登場します。

 

海外の子どもが出てくるので、息子にとって初めての「英語のお友達」になりました。

 

教材のおかげで、英語や海外の方が身近に感じられるようになったようです。

 

海外の方と出会ったときも、照れながらではありますが、自分から声をかけるようになりました。

 

久しぶりに会う大人の人に対しては、ちょっと得意げに英語で挨拶や自己紹介をしたりしています。

 

教材のおかげで、英語面だけではなく、人と積極的にお話できたり、関われたりするんだなぁとびっくりしました。

 

できないことができてくることが、きっと自信に繋がっているんですね。

 

この世界には色んな人がいて、色んな言葉がある。

 

こうして視野を広げられたことも、とても嬉しいです。

 

我が家の夢は、家族みんなでフロリダのディズニーランドへ行くことです。

 

そして、その時に息子にエスコートしてもらうのが、私の夢です。

☆ディズニー英語DWE無料サンプルはこちら☆

矢印

ディズニー英語システム
このページの先頭へ